産廃業の許可申請にかかる労力とリスク

産廃業の許可申請を希望する事業者の多くは、複数の都道府県の許可を取得することを希望しています。

しかし、産廃業の許可基準は都道府県ごとに内容が異なるため、書類のフォーマットなども変わってきます。そのため、申請を準備する前に、正しい許可基準や法律に関わる知識を集め理解しておくことが必要となります。専門家なら別ですが、初めて申請を行う事業者にとって許可申請の準備の段階から多大な労力が必要となるのです。もし、正しい知識を持っていなければ、例え自分で申請の許可を得たとしても後に産業廃棄物の収集運搬ができなかったというような事態を招くリスクもあります。

もし、そのような事態になってしまえば事業の範囲を変更するため、再度、変更許可申請を行わなければなりません。このように、産廃業の許可申請を事業者自身が行うことは、リスクや労力を考えると効率的であるとは言い難いのです。そこで、産廃業の許可申請に詳しい代行業者に代行を依頼するといいでしょう。代行業者に依頼する場合、費用はかかりますが、自分で申請を行う場合、数ヶ月かかってしまうことも少なくありません。

産廃業の申請に特化した専門業者のほとんどは、申請の代行だけでなく、許可された後のアドバイスやフォローをしています。様々な知識が必要だからこそ、専門家に依頼することで事業者の抱える不安やリスクも軽減することができます。申請に不安を抱えている・何から始めていいのか分からない方は、一度、専門家に相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *