産廃業の許可申請には専門知識をもった業者に代行を

産廃業の許可申請をする場合、「何から始めればいいのか分からない」「必要書類が複雑すぎて理解できない」といった悩みを抱えている事業者も少なくありません。

産廃業の許可申請を何も知らない人が行う場合、多大な労力が必要となります。まず、申請書類を作成する前に、廃棄物処理法などの法律の知識が必要となり正確な知識がなければ後に、事業が行えなくなるリスクを抱えてしまうケースもあります。その他、産廃業をいくつかの都道府県にまたいで行う場合には、それぞれ必要書類やルールが違ってきます。その為、該当する都道府県のルール等を確認しながら書類を作成する必要があるのです。

多くの時間と手間をかけてようやく必要書類が提出できても、一度で受理されるとは限りません。書類に不備があれば、修正し、何度も窓口に通わなければならなくなる場合もあります。また、申請を行う窓口は予約制となっており首都圏などでは1、2ヶ月待つ場合もありますので、許可申請が降りるまで数ヶ月かかってしまうことも少なくありません。また、産廃業の業界は行政からの監視が厳しく、許可取り消しなどの行政処分を受けるリスクもあります。

許可申請にかかる手間や時間を抑える為にも、申請は代行業者に任せることが望ましいでしょう。産廃業に特化した代行業者であれば、産廃業の許可申請の代行を代行できるだけでなく、業界に関するアドバイスをしてくれる業者もあります。リスクがある事業だからこそ、専門知識を持ったプロに依頼すると、後々、安心なことが増えていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *