産廃業の許可申請の代行について

産廃業とは産業用廃棄物業者を略した言葉であり、医療用廃棄物など、燃えるごみや燃えないゴミとは別の分野に属するものをいいます。

この産廃業は地方自治体へ許可申請をしなければなりません、そのためには資格試験を受けて合格する必要があります。合格しても地方自治体へ届ける産廃業登録の書類が複雑で面度なため、その書類を作成して提出してくれる代行があります。主に司法書士さんがおこなってくれます。最寄のところにあればおこなってくれます。

許可申請の代行手数料の相場はだいたい同じですが、あとはこまごまとしてことで料金が変わってきます。また自治体によって申請料金が違ってきますので、そのへんでも総額の料金が変わってきます。司法書士さん以外にも行政書士さんもおこなってくれます。どちらにしても許可申請を専門にしているところは代行がスムーズにいきますが、そうでなければ時間がかかると思ってください。ですから申請代行をお願いするときはそこの事務所が専門にしているかないかを確認してからほうがいいです。

特に急いでいるときはなおされのことです。産廃業の仕事はうまくいけば収益がいいです。今は分別の世界ですから、世間は産業廃棄物の処理に対して神経質になっています。どこの自治体も産廃業ができる会社があればいいのです。環境にやさしい分別収集として立派な会社ができあがれば生活にゆとりが持てて、自然環境を考えられる世の中になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *