産廃業の許可申請は代行に依頼すれば後々も安心

産廃業の許可申請を行う為には、許可申請書・事業計画書などの添付書類など、様々な書類を作成する必要があります。

申請を初めて行う場合、まず書類の作り方から調べる必要があったり、法律を調べたりなど多大な労力がかかります。なお、産廃業の許可申請は、都道府県ごとに書類の作成方法・フォーマットが違ってくるため、複数の都道府県で事業を行う際には、それぞれの都道府県のルールを確認しながら申請の準備をしなければなりません。自分でなんとか時間をかけて申請書類を作成したとしても、一度で受理されるとは限りません。

もし、書類に不備があれば修正し、再度、窓口まで書類を提出しに行かなければならないため、忙しい事業者にとっては大変な負担となります。また、窓口によっては大変混雑している場合もあり、許可申請までに数ヶ月かかってしまうことも少なくないのです。これら申請にかかる労力やリスクを避けるためにも、産廃業の許可申請に詳しい専門家に代行を依頼しましょう。代行を依頼する場合、相場では10万円以上費用がかかってしまいます。

しかし、費用を出し惜しみして仮に申請に通った場合でも、後に困ってしまう場合も少なくありません。正しい知識がなければ、産業廃棄物の収集運搬ができなかったりといった事態に陥りかねません。その場合は、再度、申請を行う必要があり、本格的に事業を始めるまでに相当な時間がかかってしまいます。様々な事業に関するアドバイスももらいながらスムーズに許可・事業を進めるためにも、代行業者の利用を検討しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *