産廃業の許可申請は専門家に代行してもらいましょう

産廃業に関しては、その手続きや申請などをせず、無許可でおこなっているような業者もあるようですが、最近では特にそうした業者への風当たりが強く、行政としても強く取り締まる方向に進んでいますので、かならず正規の方法で許可申請し、事業をおこなうようにしましょう。

ですがやはり提出書類などを含め、なかなかわかりにくい部分も多いようです。まずさしあたっては許可申請の前に講習会に出なければなりません。産廃業にかかわる知識を得るために大切で、財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが実施しています。日時などに関しても前もって調べておく必要があります。また産廃業は収集運搬業と処理業とにわかれています。

さらに、そのとりあつかうものの種類によって、特別管理収集運搬、特別管理処理と決められています。さらに許可申請に当たってはいくつかの条件をクリアしなければなりません。経理状況や経営方針、さらに運搬などに使う車両などや施設といったことも条件に入っています。このように許可申請においては煩雑な手続きも多いですので、最近では特に専門家に代行を依頼する人が増えています。

代行を依頼するのはこうした産廃に詳しく専門にあつかう行政書士などが多いです。産廃業務に実績のある行政書士は取得率も高いですので、許可申請の取得も安心して代行を依頼し任せることができます。忙しくて時間がない場合にも迅速におこなってもらえますので非常に便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *