産廃業の許可申請代行は業者に依頼すると簡単で安心

産廃業の営業を行う場合、事業を行う都道府県の許可を受けなければいけません。

許可を受けないで処理業を行った場合、処罰の対象となります。産廃業の許可申請は、申請を初めて行う事業者にとっては簡単なものではありません。まず、申請を行うにあたって、指定講習会を受講することが必須条件です。必要書類は、許可申請書だけではなく事業計画書や財務諸表等の様々な書類を作成する必要があります。なお、複数の都道府県で事業を行う場合は、それぞれに違うフォーマットの書類を作成しなければなりません。

これらの書類を時間をかけて作成しても、それぞれの都道府県に書類を提出しに行く必要もあります。許可申請が一度で受理されれば良いですが、書類に不備があった場合は、何度も窓口に通う必要があり、事業者にとって多大な負担がかかることになります。なお、産廃業に関する業界は、行政からの監視が厳しく、許可取り消しなどの行政処分を受けている業者も少なくありません。もし、許可を取り消された場合、5年間は許可を取得しなおすことはできません。

許可申請にかかる時間と手間を抑えて、行政処分などのリスクを軽減するためにも産廃業に詳しい代行業者に許可申請を代行依頼しましょう。代行業者に依頼した場合、費用はかかりますが、何かと申請から不安を抱える事業者にとっては心強い味方となってくれるでしょう。費用は、10万円前後の業者が多いですが、産廃業の申請実績・経験が豊富でアフターフォローがしっかりとした業者を選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *