産廃の許可申請について

産廃は許可申請しなければ仕事をおこなうことはできません。

中には無許可でおこなっているような業者もいるようですが、最近ではそうした産廃業への注目度もあってきちんと許可申請をおこなうほうが仕事も得やすいです。ですがこの産廃にかかわる許可申請は結構手続きがむつかしく、多くの書類を用意し提出しなければなりません。提出書類は個人か法人かによって違いますが、だいたい10種類から12種類ほどあります。これらを間違いなく記入し提出するとなると、かなり手間もかかります。

書類提出後すぐに許可が下りるわけではありませんので少しでも早く産廃業を始めたいのであればできるだけ速やかに許可申請をおこなうことが重要です。産業廃棄物収集運搬および処分業務はだれでもできるというわけではなく、いくつかの条件をクリアする必要があります。まずは知識を得るために講習会を受講しましょう。講習会は予約制ですので前もって予約し受講し、その後テストを受け合格したら修了証を受け取ることができます。

これがないと申請をおこなえません。これ以外にも経理や経営方針、又施設や運搬用車両といったクリアしなけばならない項目がたくさんあります。ですので、初めから自分でしようとするのはなかなかむつかしいので、産廃の許可申請はそれを専門であつかい代行してくれる業者に依頼するほうがよいでしょう。専門業者では司法書士など法律の専門家が代行してくれますので、書類ミスをする心配もなくすみやかに申請し許可を得ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *