産廃の許可申請は代行に依頼する

産業廃棄物業を新たに始めたい、あるいは今おこなっている仕事に加えてスタートさせたいと考えている業者は多いですが、実は産廃に関してはその許可申請が複雑で、何から始めたらいいのかわからないという声も多いです。

まずは自分の会社が許可を取得できる条件に合っているのかを判断しなければなりません。産廃の許可申請は誰でも簡単に通るというわけではなくいくつかの条件があります。条件に合う施設や運搬車を保持していなければなりませんし、知識を得るために講習会などに参加したりまた財政的な能力をクリアする必要もあります。さらにその条件の細かな部分は各都道府県によって異なっていますので、産廃業を始めるには自分の必要な都道府県での許可を得ることが求められます。

このように産廃業の申請は時間も取られますし、何かしら申請でミスをしますとそれまでの労力が無駄になってしまいます。ですので、産廃業の申請はそうした申請に実績のある代行してくれる専門家に依頼するほうがすみやかにおこなえます。産業廃棄物業は収集運搬と処分とにわかれています。

また処分も中間と最終などそれぞれに申請書類の提出が必要ですので、非常に面倒に感じるかもしれません。ですので許可申請は代行に依頼し、まずはすみやかに許可をとって少しでも早く仕事をスタートさせたほうがストレスもかかりません。代行は司法書士や代行業者など専門にあつかっているところも多いですので、料金や対応など比較して条件に合ったところに依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *