産廃業務を行うための許可申請を代行業に依頼する

産業廃棄物の収集や処理を行う業務をするときは「収集・運搬業」または「処理業」のいずれかの許可を取得しなければいけません。

収集・運搬業の許可のみを持っていて処理の業務をすれば違法になり、逆に処理業の許可だけを得ていて運搬業務を行えば違法になるのです。産廃物とは、汚泥や燃え殻、廃油や廃酸、廃アルカリと廃プラスチック、ゴムくずや金属くず、ガラス・コンクリート及び陶器くず、鉱さいやがれき類、ばいじんの12種類と建設業と紙業が排出する紙くず、建設業と木業が排出する木くず、建設業と繊維業が排出する繊維くず、食料品や医薬品の製造業者などが排出する動植物性物残さやと畜業が排出する動物系固形不要物、畜産業が排出する動物の糞尿や動物の死体の7種類があります。

そしてこれらを処理するために使った物の合計20種類に分類されてます。そしてこの中でどれを取り扱うかによってもそれぞれ許可が必要になり、許可を得ていない種類の産廃物を取り扱うと違法になってしまいます。このように産廃業務をするためには許可が必要になるのですが、その許可申請は管轄の都道府県知事や政令市長に対して行うのですが、産廃物は大量で、しかも環境や人体に有害\な物質が御含まれていることが多いので、運搬や処理業務を適切にできる能力と経験が必要なので、厳しい条件が問われ許可申請のための手続きも容易ではないのです。

そこで許可申請を代行専門業者に依頼をすると申請をスムーズに行えるので、産廃業の許可申請の実績豊富な行政書士などの専門家に代行を依頼すると安心です。代行を依頼するための費用な掛かりますが許可を得るための条件を満たしているかをきちんと調べてもらったり、適切なアドバイスをもらえるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *