産廃業の許可申請はプロの代行に任せると将来的に安心

産廃業の許可申請を行うには、事業計画書をはじめとする様々な書類を作成する必要があり、これらの書類は簡単に作成できるものではなく、初めて申請をする人にとっては大変な負担となってしまいます。

まずは、法律を調べたり行政に問い合わせするなど、書類を作成するまでに時間も労力もかかってしまいます。さらに、産廃業をいくつかの都道府県で行う場合は、それぞれに書類の作成ルールが違うため、確認しながら資料を作成しなければいけません。もし、これらの書類をご自分で揃えて窓口に提出できたとしても、一度で許可が取得できれば良いのですが不備があった場合は、何度も窓口に足を運ぶ必要があります。

多大な労力をかけて許可申請がおりたとしても、正しい知識がなければ開業後に思いもしない事態になってしまうことも少なくありません。例えば、産業廃棄物は20種類に分類されており、それぞれに対して収集運搬の許可が必要です。万が一、ご自身の会社が収集運搬している廃棄物の分類を正確に理解していなければ、目的の産廃を収集運搬できなかったという事態を引き起こしかねないのです。

これらの手間やリスクを避ける為にも、産廃業の許可申請はプロに代行しましょう。代行をお願いすれば費用がかかりますが、それ以上にメリットも大きいものです。産廃に特化したプロに代行すれば、開業前だけでなく、開業後に不安なことやわからないことがあれば相談できますので、安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *