産廃業をはじめるために必要な許可

産廃業は廃棄物処理法に従って行う必要があります。

産廃業を起業するさいには業としての許可と施設についての許可が必要です。区分としては、収集運搬業と処分業に分かれます。処分業の中には中間処理業と最終処理業があります。施設に関しては一定規模になると厳しい設置基準を満たす必要があります。収集運搬業は、文字通り廃棄物を収集して運搬するためのものです。施設は不要ですが、積み替え時には一時的に保管するための土地が必要になります。一方で処分業は施設で行うため法律に従った施設を用意する必要があります。

業に関しては、都道府県知事または保健所設置市には市長の許可が必要です。地域ごとに取得するため複数の都道府県にまたがって行う場合には、活動地域ごとに許可を有している必要があります。また施設に関するものは、一定の基準を超える場合には設置許可が必要になります。

これらは保健所が行いますが特にハードルが高いの最終処分業で、設置するためには厳しいプロセスを経る必要があります。一般的に産廃業として起業する場合には、収集運搬業が中心です。収集運搬業は工務店や建設会社など工事を行う会社が取得していることも多く、また家庭から排出されるゴミに関しても必要であるため比較的、取得しやすいメリットがあります。ただ廃棄物を取り扱う関係から、地域住民とのトラブルも予想されるため一時保管場所などの条件によっては認められないケースもあるため注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *