産廃業許可申請前に受講する講習会について

産廃業許可申請から許可証の交付までに申請者がしておかなければならないことがあります。

その一つが、産廃業の許可申請前に産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関するj講習会を受講することで、この主催者は、公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターです。講習の目的は、産業廃棄物の適正な処理を行うために産廃業者が知っておくべき専門的知識や技能を修得し、産廃業の業務が適切に行われるようにすることです。

受講対象者は処理業の許可を受けようとする人で、講習会全科目の受講終了後には終了試験があり、これに合格すれば終了証が交付されます。ただし、再試験は2回までで2回不合格になると再度新規申し込みしなければいけません。許可を新たに受けるあるいは更新許可を受ける人が受講対象者で、許可申請区分によって受講するべき講習会が指定されています。

新規許可及び更新許可の場合は5年間有効の新規講習会を、申請区分によって受講する講座もきまっています。講習会の有効期間は5年間、2年間があります。講習会の修了者として申請出来るのは、個人名義で申請する場合は申請者本人及び法定代理人で、法人名義の申請の場合は、役員(支配力を持つものを含み、監査役は除きます)や政令で定める使用人です。

これらに該当しない者の終了証は申請書に添付することは出来ませんが、講習会の目的からは上記以外の従業員なども受講しておくのがよいです。講習会の申込みは開催地の産業廃棄物協会で、インターネットによる申込みが可能な日程もあります。なお、許可の更新のときには許可の有効期限の3カ月前から更新許可申請が受け付けられるので、講習会の受講はそれ以前にすませておくのがよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *