産廃業許可申請と特別管理について

産廃業の許可申請とは、産業廃棄物を取り扱う事業を手掛ける時に必要なものです。

産業廃棄物を取り扱う事業は大きく分けると、回収および運搬を行う事業と処分を行う事業の2つになります。そのため、産廃業の許可申請は、どのような事業を行うのかに応じて、産業廃棄物収集運搬業許可と産業廃棄物処分業許可の2つのいずれか、もしくは両者の産廃業許可申請が必要です。

但し、注意をしなければならないのは、収入運搬業や処分業には特別管理と名の付く許可が存在している点です。特別管理と名の付く許可は、産業廃棄物の中でも爆発性・毒性・感染性・その他の人の健康や生活環境に関して、被害を生じる恐れがあるものを収入運搬、処分を行う時に必要な許可です。具体的には廃油・廃酸・廃アルカリ・感染性産業廃棄物・特定有害産業廃棄物などがあります。特別管理産業廃棄物収集運搬業もしくは特別管理処分業などに携わる事業を行うこともある場合は、一般的な産廃業許可申請に合わせて行うことが義務付けられています。

ちなみに、従来住宅に利用され続けて来た建築資材の一つでもあるアスベストは、特定有害産業廃棄物に含まれる一つです。アスベストは石綿とも呼ばれるもので、肺の中に入り込むと細胞組織に突き刺さる性質を持つなど、とても危険な物質です。こうした物質を収集・運搬する事業は特別管理産業廃棄物収集業の許可、処分を行う事業は特別管理処分業許可がそれぞれ必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *