産廃業の許可を得るための方法とは

産廃業には収集運搬の許可として産業廃棄物収集運搬業と特別管理産業廃棄物収集運搬業があり、許可を得て業務を新規で行うには申請をする前に所定の講習を受ける必要があります。

この講習を受けると業務を行う地域を所管する自治体に申請して受理をされれば業務を開始できます。ただし産廃業でもポリ塩化ビフェニル(PCB)を取り扱う場合には法律に定められたガイドラインに適合しているのか確認する必要があるため、申請書だけではなく追加で関係機関が行っている作業従事者講習会終了証などの書類が必要になってくるため、自分がどのような産廃を扱うのかよく理解してから必要な書類を用意して下さい。

適正に手続きを行って自治体から承認を受けてもこの許可証には5年間という有効期限があり、期限が到来する前に更新手続きをうけなければいけません。この更新手続きき期限の三か月前から受け付けていて、更新を受けずに失効してしまうと法律の規定で処分されてしまうので注意して下さい。産廃業というのは現代のように大量消費大量廃棄の時代では重要な業務であり、リサイクルでは対応できないものを処分するには専門業者の対応が必須になります。

しかし業者の中には倫理規定に違反する場合も少なくなく、その代表例が処分場ではない場所に勝手に捨ててしまう違法投棄です。この違法投棄は環境を破壊するだけでなく、汚水や大気汚染などで人間に健康被害を与える可能性がとても高いため、産廃業を行う人には適格な審査をして許可を出すことが重要になってきます。
産廃業の許可のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *