産廃業の許可申請は代行でスピーディに

産廃業の許可申請を行うにはまず日本産業廃棄物処理振興センターが主催している講習会に参加します。

この講習会は事業主か役員クラスの人が参加しなくてはなりませんし、ただ参加するだけではなくきちんとテストを受けて修了証を受け取る必要があります。講習会は2日間行われ、受けるには予約が要りますし、早めに予約しないと希望の場所や日時で受けられない可能性もあります。講習会の趣旨としては産廃業に関する知識を習得することで、この修了証がないと許可申請はすることができません。産廃業の許可申請の資格としては、まずは経理的基礎や事業計画、さらに欠格要件に該当してないことなどが求められます。

産廃業を行うための施設や車両なども必要ですので、きちんと用意しておきます。車両に関してはリースでも1台からでも始めることはできますが、許可申請時に写真を提出します。さらに書類はかなりの枚数ありますし、仕事を行う各都道府県すべてに提出しなければなりませんしそれぞれフォーマットが異なっていますので、取り寄せだけでも大変です。

このように産廃業の許可申請にはかなりの手間や時間がかかりますので、自分ではおこなわず代行業者に依頼することが増えています。代行業者は産業廃棄物業を専門に特化して行っているところもあり、非常にスムーズに進めてくれますので、スケジュール通りに申請を完了することができますのでお勧めです。申請後は許可が出るまでに60日ほどかかりますので、少しでも早く申請するためには代行に依頼するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *