産廃業許可申請と講習会課程について

産廃業許可申請は対象となるエリアを統括する知事許可を得ることです。

対象となるエリアとは業務を行う場所のことを意味しており、産業廃棄物収集運搬業の場合は、産業廃棄物を回収する場所と下す場所の許可と言う形になります。例えば、埼玉県で回収をする、千葉県で廃棄物を下す場合には、埼玉県および千葉県の両県で産廃業許可申請が必要になります。仮に、東京都の中で収集や産廃物を下すことがなく、単に東京都は通過するだけの場合には許可を得る必要はありません。

通過する地点においては、産業廃棄物収集運搬業の許可は要らないわけです。産廃業の許可申請を行う場合には、施設および申請者の能力に係わる基準が設けてあります。施設に係わる基準は産業廃棄物収集運搬業や産業廃棄物処分業など、事業目的に応じて異なるのが特徴です。収集運搬業許可は、事業所から産業廃棄物を収集し、トラックを利用して運搬する事業です。一方、産業廃棄物処分業は処理場施設で産業廃棄物を処分する事業であり、両者を行う事業所の場合には2つの産廃業許可申請が必要になって来ます。

尚、産廃業許可申請を行う際の申請者の能力に係わる基準は、技術的能力を説明する書類が必要になるのが特徴です。この書類は講習会過程を受講する、終了証の受領で可能になるので、これから産業廃棄物に係わる許可を得ようとする場合、講習会への参加は必須なものとなるわけです。講習会は事前予約制になっているため、早めに予約を行うことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *