産廃の許可申請をスムーズにおこなうには

産廃の許可申請は手続きが複雑ですので、なかなか思うように進まないことが多いです。

そのため無許可でおこなうような業者もいますが、社会的に問題になりますのできちんと申請をして許可をとるべきでしょう。産廃業では廃棄物の積み下ろしをおこなう都道府県それぞれで許可を必要とします。

たとえば愛知で積み、三重で下す場合には愛知と三重で許可がいることになります。さらに産廃の許可申請の申込書類や添付資料、証明書などは各自治体で若干異なっていますので、書類を取り寄せてきちんと間違えないように記入するのは大変です。産廃の許可申請のためにはまずは講習会に出なければなりません。この講習会は全国どこの講習会に出ても問題ありませんが、それほど頻繁におこなわれているわけではありませんので予約も取りづらく、取れたとしても遠方の講習会だったということもめずらしくありません。

このように産廃の許可申請には非常に時間と手間がかかりますので、今は自らおこなわず代行会社に依頼することが多いです。産業廃棄物収集運搬業を専門にあつかっている代行会社に依頼すれば、複数の書類なども迅速に用意し仕上げてくれますし、講習会などもすみやかに予約してくれますので非常に便利です。またこうした許可には更新も必要ですが、そういったアドバイスもおこなってくれます。ですので産業廃棄物の収集運搬および処分にかかわる仕事を始めるのなら、専門の代行業者に委託するほうがより早く業務を始めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *