産廃の許可申請を代行にする場合

世界で見ると日本のゴミ排出量は1位で、2位のアメリカの3.5倍以上の差をつけています。

さらにヨーロッパの環境先進国の10倍以上ゴミ焼却量により、ダイオキシン排出量も世界一という不名誉な順位であるため、一般廃棄物も産業廃棄物(産廃)の問題も打開すべく様々な規定がなされています。産廃はその事業者処理責任がありそれを行うにはそれぞれの都道府県または政令市で許可申請をし、施設やその事業を行うに足りる技術的能があるかが充足と見なされることが重要なポイントになります。ただし書類だけ作って提出すればすぐに許可が下りるというわけではないので、許可申請を代行してもらうという選択肢があります。

産廃の許可申請の代行業者は行政書士の分野になります。代行してもらうとは言ってもそれぞれ特色があり、全国展開で行なっている業者もあれは、最短最速で即日着手するのを売りにしていたり、料金を明確にしたものやリーズナブルさが特徴のものなど様々です。注意が必要なのは一般的な行政書士よりも専門にしている方が、許可に至るまでの必要条件なども常に把握しているので、事業計画のレベルから相談することが可能なのでどんな産業廃棄物を扱い規模や予算も対応でき、用地選定や建物が必要十分であるかと言った点も相談することが出来ることが挙げられます。

よって確認せずに用地を購入又は借りてしまったり処理機械を購入して許可要件がクリア出来ずにせっかく買った土地や機械が無駄になるというリスクが減らせます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *