産廃の許可申請の代行を立てる長所

工場などから必ずといっていいほど出てくるのは産廃です。

これは許可なしに扱うことはできません。必ず許可申請を取らなくてはなりません。産廃の許可申請は行政書士など代行を立てずに依頼せずにすることも可能です。

まず申請手数料と産廃を取り扱うための講習会があるのでその受講料金を払う事で許可を取得することができます。この二つをあわせてもかかる金額は十数万円となります。しかし実際に代行を立てずに許可申請を取ろうとすると、そのための申請書類を個人でたくさん作成しなくてはならなくなり、時間が大変かかります。

またその書類を作成するために勉強をしなくてはならないので、さらに経費がかかる可能性もあります。また許可がとれても産廃は20種類以上の項目に分かれており、それを処理するための法令の知識も必要になり、かなり面倒になります。行政書士やセンターに代行を依頼することで、余計な時を省く事ができます。

また専門的な知識があるので、難しい法令に関しても正確に対応することが可能となります。さらにフォローするために多種の業者の紹介や、業務の流れについて細かく説明をしてもらうこともできます。また許可申請が出た後も、必要であればアフターケアーを受ける事もできます。報酬については業務内容によって変わってきますが、代行先によっては面接を受けて見積もりをしてもらうことができるので、事前にどれだけの金額が必要になるのかを知ることができます。代行を立てるほうが産廃の許可申請を取るほうが的確に行えるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *