産廃業の収集運搬の許可

産廃業を営むためには都道府県知事の許可が必要となってきますが、この許可は収集運搬業と処分業とでは別々のものですので、手続きにあたっては注意しなければなりません。

このなかでも収集運搬業の許可については、排出先と処分先が離れている場合には、両方の都道府県からの許可を受けなければならず、手間と時間がかかることは事実です。産廃業の許可申請の書類は事業計画書をはじめとする添付書類が多いのが特徴です。たとえば積み込みをする場所ではダンプカーやトレーラー、パッカー車などといった車両を必然的に使用することになりますが、これらが実態のないものであってはなりませんので、車検証や写真などを添付することになっています。

車検証も所有者や使用者を記載する欄があるはずですが、ここに申請者の住所氏名がない場合には、せっかく申請書を行政機関に提出したとしても認められないおそれがあります。また廃油や廃アルカリなどは流出や飛散によって周辺の生活環境にネガティブな影響を及ぼしてしまうおそれが高いとみられますので、これを防止するためにタンクやドラム缶などの設備も保有していなければなりません。

このように産廃業の申請に先立って整備しなければならないことがらは山ほどあり、証拠として書類をもって示す必要があるために複雑といえます。そこで場合によっては行政書士などの専門家に依頼をして、これらの書類の作成を代行してもらうこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *