産廃業の許可申請は手間がかかる

産廃業をやるためには許可が要ります。

また、産廃業といっても運搬業や中間処理業、最終処理業などによって必要な許可が異なるため、事業として行う産廃業に合わせて必要な許可を取らなければなりません。これを取らずに営業するのは違法であるため、罰則を受けてしまいます。この申請を行うことは、結構手間がかかります。役所での手続きなので書類不備や要件を満たしていなければ申請が通らないことになるため、この両方を満たしていなければいけないからです。

その他にも、都道府県ごとに異なる申請方法であることがあるなど、複数でまたいで手続きをする場合などは面倒なことが多くなります。そこでお勧めなのが、行政書士に代行してもらうことです。特に、産廃業を専門としている行政書士は、手続のことを理解していますので、的確に処理をしてもらうことができます。また、申請をする上で要件を満たしていなければなりませんが、不足している部分があればそれをアドバイスしてもらうことができるため、はねられてしまう可能性を減少させることが可能です。

自分でやると書類を集めるのも大変です。意外と多くの書類が必要となり、それを集めるのには非常に手間がかかります。一つでも足りないとお役所は容赦なく却下しますので、さらに申請するとなると余計に許可を取るのが遅くなってしまい、営業開始までも遅くなってしまうでしょう。もちろん、行政書士に依頼するのはお金がかかりますが、負担を考えると合理的な選択です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *