産廃業は生活に影響を与えないよう適切な許可が必要

廃棄物処理法という法律では、廃棄物の処理を業として行おうとする者(産廃業)は、業務を行おうとする区域を管轄する市町村長(または都道府県知事など)の許可を受ける必要があると定められています。

これは産廃業者が適切に廃棄物の処理を行わない場合に、悪臭や土壌汚染など生活環境の悪化など、きわめて大きな影響を及ぼすことを想定したものです。生活保全の観点から、きちんと認可を受けている業者を選定することが重要です。また別の観点では、処理を委託した業者において産業廃棄物の受け渡しと同時に処理料金が支払われるため、処理にかかる費用を拠出せずに不法投棄などに及ぶことも防ぐという意味合いもあります。

許可を得ている産廃業者であればそのような不正な処理を行う可能性がありませんので、不法投棄を防ぎ生活環境を快適に保つためにも、適切と認められきちんと許可を受けた産廃業者へ発注することが求められます。

各種届出等が行われている業者においては、企業ホームページなどで「産業廃棄物処分業許可証」「特別管理産業廃棄物処分業許可証」など、産廃業に必要な証明を表示しておりますので参考にすると良いでしょう。情報を収集してお勧めの業者を選ぶことのできるウェブサイトも便利です。目先の処分費用だけでなく、環境の保全と適正な処理という観点で、しっかりとした業者を選ぶということが、私達身の回りの生活を守っていくことにもつながると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *