無許可営業の産廃業者は生活にもダメージを与える

産廃業を営むためには、不用品を回収地域を管轄している都道府県の知事許可が必要です。

優良業者は産廃業を運営する中で必要な許可を得て営業を行っていますが、業者の中には悪質な所もあり、生活への支障をきたしてしまうこともあるので利用時には注意しなければなりません。悪質な業者を使って不用品を処分した時、どのような生活への支障が起きるのかご存知でしょうか。不用品を回収する時には見積もりを作成するのが基本です。悪質の業者の場合も見積もりは作成しますが、後から何かにつけて言い掛かりをつけるのが特徴で、見積もり以上の金額を請求されるなどのトラブルが多くあります。

中には社会問題にもなっている不法投棄を行う悪質な業者も後を絶ちません。産廃業許可を得ている場合には不法投棄など法律や秩序に違反するようなことはしませんが、許可得ていない業者はこうした行為を及ぶ可能性が高いのです。不法投棄は自然を破壊するなどのリスクがあるもので、決して行うべきことではありません。

しかし、悪徳業者は回収時に得た費用を全部利益にするため、回収品のリサイクルをせずに山奥に捨ててしまうのです。尚、不法投棄は産廃業者を使った側にも責任があると言われており、罰金などの支払いを命じられてしまい、生活費の無駄遣いに繋がるデメリットがあるわけです。産廃業者には悪徳な業者も存在しているため、利用する時には許可を得ているのか否かを確認することは利用する側の役目と言っても良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *