産廃の許可申請を行うところとは

産廃とは産業廃棄物のことであり、それを業として行うためには許可申請を業務を行う場所を管轄する自治体に申請し、その承認を得なければいけません。

これは廃棄物処理が法律の基準に則って行わなければいけないため、無秩序な処分が行われることを避けるためです。実際に過去には無登録の業者が請け負った産廃を違法に自然の河川や雑木林に投棄したため、環境汚染や自然破壊といった深刻な問題が発生しています。

この許可申請を行わなければいけない内容は、業務の新規参入や既に許可を受けていた時の登録内容の変更、それに申請が受理されてから5年を経過して更新手続きを行う場合があります。この許可申請を行わずに勝手に業務を行うと、以後に正式に申請を出しても受理されないといった罰則があり、とても重要と言えるでしょう。許可申請を提出する自治体は一つの市町村であれば該当する自治体でよく、同じ市町村に複数の事業所を開設する場合も同じになります。

ただし、同じ都道府県内の別の自治体にまたがって事業所を開設する場合には、各市町村に届け出るというのではなく、その地域を管轄する都道府県に対して行うことになるため注意が必要です。また都道府県をまたいで事業所を開設するのであれば、今度は国の該当機関に対して行うことになります。産廃は経済が成長すればどうしても発生してしまうため、絶対的に必要であるのは間違いありません。しかし、ルールを守らないで行えば迷惑にしかならないので、制度の運用はしっかりと守っていって下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *