産廃業の許可申請を行政書士に任せて時間短縮

行政書士は、役所に提出する書類の作成や提出を代理することができます。

そのため、産廃業の許可申請書類の作成や提出の代理を依頼することが可能です。自分で申請書類の作成をするのは難しく、調べながらやるとすればそれだけで時間がかかってしまいます。申請してから許可が下りるまでの審査期間も考えれば、遅くなれば遅くなるほど産廃業を始めるのは遅くなってしまいます。その点、行政書士に依頼すればすぐに取り掛かってもらうことができるため、時間を節約できるメリットがあります。

また、必要に応じて相談をすることができるのも利点です。例えば、許可が下りるためには条件を満たす必要がありますが、書類作成に付随する業務として、この点についてのアドバイスをもらうことができます。あらかじめアドバイスに応じて条件を満たすように行動すれば、申請しても認められないといった事態を避けることができるので、こちらも時間節約につながるポイントです。

行政書士は許認可に関する書類作成のプロですが、産廃業ならこの分野を専門とする事務所を選びます。なぜなら、分野が広いとすべてに対応するのは不可能ですから、専門外のことについてはあまり詳しくないことがあるからです。産廃業を専門としている事務所なら、少なくともこの分野に関する書類作成をする能力はあり、任せても問題はありません。より万全を期するなら、これまで扱ってきた案件数といった実績も加味して選ぶと、失敗することはないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *