産廃業の許可を得ることの大切さについて

産廃業には必ず許可が必要ですが、これは一つの免許であり、無免許で営業を行うことは法律に違反することになります。

自動車を運転する時には免許が必要になるように、産廃業を営む場合にも免許が必要不可欠です。回収及び運搬業を行う時、処分業を行う時にはそれぞれ異なる許可を得ておく必要がありますが、免許が必要になる理由の中には不法時をさせない、適切な方法で産業廃棄物を回収運搬する、もしくは処分を行うことができる知識を身に付けさせることにあるわけです。

産業廃棄物の中には、病院などから排出される医療系ゴミと呼ぶものもあります。医療系ゴミには血液が付着したガーゼや注射器の針なども含まれます。これらはウィルスの感染などのリスクがあるため、知識がない業者が安易に回収や処分を行えば、ウィルスの感染などのリスクが生じるわけです。住宅の建材で古くから利用され続けていたアスベストも取り扱いに注意が必要なもので、産業廃棄物を取り扱う事業者は自らを守る、そして周辺住民を守るなどの理由からも、技術や知識が求められます。

一般的な産業廃棄物においても、適切な方法で回収および運搬が必要ですし、処分する事業に就く場合も、知識がなければ適切な処理を行うことができません。産廃業の許可は得ておくことで産業廃棄物のプロとしての認識を持つことができる、それと同時に産業廃棄物を放出する企業や病院などからの信頼を得ることができるなどのメリットがあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *