産廃業の免許と許可品目について

産廃業の事業は大きく分けると収集運搬事業と処理事業の2つがあります。

処理事業は産業廃棄物を業者もしくは自社の回収事業から受け入れを行って、適切な処理を施す産廃業です。いずれも所定の申請手続きを行って免許を貰わなければなりませんが、免許を持たずに営業を行う悪質な業者も存在しており、利用者への注意を呼び掛けているメッセージを耳にしたり目にすることが多くなっています。

免許は産廃業の事業を行う上で必要最小限の許可でもあり、指定の許可を受けて業務を遂行することができるようになります。しかしながら、産廃業の規制は年々変化すると同時に厳しくなっているなどからも、免許を持っているからと言って今までと同じような営業を行っていると行政処分を受けてしまうこともあるなど、規制についての情報収集が求められます。

産業廃棄物を取り扱う事業者は、一般的な廃棄物と規制が設けてある廃棄物、2つの内いずれかの許可を得ておく必要もありますが、どのような産業廃棄物を取り扱うことができるのかを把握しておくのも重要です。過去の違反事例の中には、産業廃棄物収集運搬業の免許を持っている業者に、許可が与えられてない産業廃棄物の収集運搬を委託するなどがあります。収集運搬業や処分業などは予め取り扱うことができる産業廃棄物の種類に決まりがあり、この決まりの中で事業を進めることが求められるわけです。故意ではない場合でも行政処分を受けることになるため、事業を進める中でのルールを守るためにも新しい情報を常に収集することが大切なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *