産廃業の免許は大きく分けると2つの許可がある

産業廃棄物は適切な方法で出すことや、免許を取得している指定業者に依頼するなどの基本的なルールのようなものが確立されており、値段が安いからと安易に免許を持たない業者を使うとトラブルに繋がるので注意が必要です。

そもそも産廃業の免許は事業を行うための許可で、各都道府県の知事許可を意味するものです。また、産廃業は回収と運搬に携わるものと、産業廃棄物を受け入れて処分する2種類があり、処分業の免許を持ち、回収と運搬業の免許がない場合、産業廃棄物回収運搬業を行うことはできません。これは逆の場合も同じで、回収運搬業の免許があり、処分することができる施設を所有していたとしても、産業廃棄物処分業の許可を得ていなければ営業することはできないわけです。

回収運搬業の業者に頼んで産業廃棄物を引きとって貰うケースは多いかと思われますが、免許を持たない業者であるのか否かは許可証の提示を求めれば分かります。運搬に使用するトラックには必ず目に届く場所への設置や携帯が義務づけされているため、正規業者であるのか否かが分かるので、免許を持たない場合は依頼を断るなどもできるわけです。

尚、免許があると言っても有効期間であることや営業エリアなどの条件についてもしっかりと確認も行えば繰り返し利用する時にも安心に繋がります。産廃業の有効期間は5年間ですから、期限についてもチェックし、営業エリアでの許可を得ているか否かを調べておけば良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *