産廃業を営むには許可申請が必須となる

産廃業とは、産業廃棄物収集運搬業と産業廃棄物処分業のふたつを指します。

この中でも不用品回収業者として馴染みがあるのは、前者の産業廃棄物収集運搬業者のほうです。この仕事は「産業廃棄物を運送する」ことが仕事です。産業廃棄物の処理を委託したい業者と、処理を受託する業者の間でお金をもらい廃棄物を運搬します。そのため、通常の運送業とは異なる基準で許可申請を行う必要があるのです。

まず廃棄物を積み込む土地と、それを降ろす土地それぞれで許可を申請する必要があります。道路を通過するだけの土地の場合は、申請は必要ありません。これらの許可の基礎となる法律は、廃棄物処理法という法律ですが、それぞれの自治体によって申請する際に必要とする書面や記入する物事が異なるケースがあります。厳格な基準が設けられている産廃業ですが、申請や届け出を行う際に強い味方が存在します。

それは、地方の行政書士などが実施している申請代行サービスです。インターネットには、産廃業の許可申請を専門的に行っている行政書士事務所が存在している事もあります。これらの業者に手続きの代行依頼を行う事によって、スムーズに申請が行われるのです。料金はもちろん、代行業の料金が発生します。ですが、決算書の作成や車検証の用意、そして役所に行っての届け出や書面の記入などの手間や時間などを考えると、妥当な出費であると考える業者がほとんどです。新規参入の場合も、こういった事務所で相談を受付しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *