産廃業を営む上での許可申請とは

産廃業を営む上で、必要となるのが各都道府県への許可申請です。

これは「廃棄物処理法」という法律で定められており、許可申請なしで営業する事は出来ません。そのため、産廃業を行うためには、非常に多くの手続きが必要となります。一般的に産廃業は、産業廃棄物収集運搬業の事を指しています。これらの許可申請は、荷物の積んだ土地と降ろした土地それぞれの許可が必要となるのです。

通過するだけの場合なら、必要はありません。加えて、各都道府県においての申請は全て統一されているフォームではなく、それぞれのローカルルールが存在します。それらを知らずに単独で手続きを行うのは、難しい事です。多くの産廃業では、こういった申請を行政書士などが提供する、代行サービスに任せています。実業務がある場合は、申請のために時間を取る事が難しい場合や、役所に行く時間がまったく取れないというケースがあるのです。行政書士であれば、正しい書類を収集し、それらをミスなく提出してくれます。

中には産廃業の許可申請を中心に仕事を行っている行政書士事務所があるほどですから、詳しければ詳しいほど頼りになると言えるでしょう。こういった代行サービスを選ぶときは、申請の経験があるという事務所ではなく、申請をひんぱんに行っており、各都道府県のローカルルールに精通している事務所に依頼すべきです。多くの実績と経験を重ねている代行業のほうが、手続きをスムーズに行ってくれます。また、営業上でのサポートも期待できるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *