許可申請が必須、産廃業とは

産廃業とは、産業廃棄者に携わる業務の事です。

廃棄物を運搬する「産業廃棄物収集運搬業」や、廃棄物を適切に処分する「産業廃棄物処分業」をまとめて産廃業という事もあります。これらは無許可で営業を行う事は出来ません。産廃については、廃棄物処理法という法律で、正しく適切に取り扱うように定められています。

許可がない業者などが投棄したり、勝手に処分する事は犯罪です。産廃は地域にとって有害な物質となる可能性があり、大変危険なものであるため、国が認可した業者でなければ処理する事が出来ないようになっています。産廃業の新規参入は、主に収集運搬の業務に見られます。

不用品回収などは、大抵この許可を得て仕事を行っているのです。産業廃棄物収集運搬業を行う上でのメリットは、許可申請さえきちんと取得すれば、車両と運転手を用意するだけで始められる事です。副業としても有効となります。しかし現在は同業他社が多く存在しているため、効率的に収集方法を考えるなどの対策が必要となるでしょう。産業廃棄物収集運搬業の許可申請は、手続きにおおよそ60日間かかると言われています。事前に必要書類や手続きを行う必要もあるので、事前の準備をきちんと行う事が大切です。加えて、一度申請したあとは、定期的な更新が必要となります。有効期限は5年と定められていますので、それ以降は再び申請を行うのです。こういった事をミスなく行うためには、行政書士などのプロの手を借りるのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *