産廃業をするにも許可が要ります

産廃業とは産業廃棄物を取り扱う業種のことです。

産業廃棄物は法律によって正しく処理することが求められています。このため産廃業を始めるにしても許可が必要であり、この許可を得ずに行うと処罰されることになります。一方で許可といっても特別な資格が必要なわけではなく、多くの場合には産廃業を行うことの届け出と法律に定められた要件を満たしているのかを確認するだけです。

処理施設の場合には、ハードルが高いものですが、運搬の場合にはそれほど厳密なものではありませんから申請をすれば手に入れることができます。なお、届け出を行うのはその産廃が出た地域の自治体ごとでその地域を超えて活動する場合には、その該当地の自治体の許可が必要です。一方で、産廃業の許可としては収集運搬と処理業になりますが、多くの場合には収集運搬です。

特に注意しなければならないのが、ついでだからといって運ぶことは禁じられていることで、実際に運搬に携わる車両は、届け出をしている車両でなければなりません。それ以外の車両で運搬することは法律で禁じられており、処罰の対象となります。なお、注意しなければならないのは自社の廃棄物には必要ないのですが、他社のものを運ぶさいには必要です。特にトラブルとなりやすいのが、複数の法人が加盟するグループの場合で、届け出をしていない法人の車両が運搬すると処罰の対象となります。また一般家庭から排出されるものは一般廃棄物であり、法人から排出されるものは産業廃棄物となりますから、それぞれに適したものを取得する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *