産廃業の許可は品目によっても異なる

産業廃棄物の収集運搬を行う産廃業は、新たに事業を始めるためには事業を行いたい自治体の許可を得る必要がありますが、収集運搬を行うことを予定している産業廃棄物の種類によって品目が分けられているため、それに合わせて取得する必要が出てきます。

新規参入で知識や経験がない場合、自社が行いたい事業に合った品目がどれなのかわからないと言うこともあります。それでなくても産廃業の許可申請は複雑なもので、専門的な知識がないと申請書類を作成するだけでも多大な労力と時間がかかってしまいますし、さらには自治体ごとに異なる添付書類の作成や窓口との折衝も必要になってきます。

スムースに行いたい事業に合わせた産廃業の許可を取得し、間違いのない営業を行うためには許可申請を行政書士に代行してもらうのが効率的です。専門的な知識を持ち、多くの申請を行ってきた経験を持つ行政書士に代行してもらうことで、自分が行いたい事業に合わせた品目の許可を間違いなく取得することができる上、申請書類等の作成や準備もスピーディーなので、円滑な事業の開始が期待できます。

手続きの代行だけでなく実際に事業が始まってからも様々な面でアドバイスを受けられたり相談に乗ってもらったりすることができる行政書士事務所も数多くあるので、特に新しく産廃業を始めて細かいことがよくわからないと言う事業所などは、知らず知らずのうちにルールを破ってしまい行政の処分を受けるという事態を避けるためにも利用するべきだと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *