産廃業の許可は自分で取得できるのか

もちろんノウハウを知っていることによって、自分でも産廃業の許可を取得することができます。

通常であれば、行政書士の事務所に依頼して許可を取得するのが通例になりますが、お金がかかることからそれを省略したい気持ちになるのは当然になるでしょう。そのような事情から自分で行う人もいます。しかしそこには問題点が含んでいることも知っておきましょう。行政との面談や打ち合わせが必要になってきますが、不正投棄などの問題もあり、産廃業の許可はハードルが高くなっています。

知らないことを行政側が質問したりして、なかなかスムーズにいかないことも多いです。だからこそ専門的に産廃業の許可申請を代理で行ってくれる事務所に依頼することをお勧めします。自治体によって申請がおりるまでに時間やプロセスが異なることが多いです。そのようなことも熟知していることから、スムーズな申請許可となることから、プロに任せたほうが無難になります。

このようなプロの事務所であれば、まず申請は通りますし、ほとんどが100%申請されることでスムーズに事業を始めることができるでしょう。ただし申請がおりたとしても、その後の実績次第では取り消される可能性もあります。それほど行政も目を光らせていますので、守るべきルールをしっかり把握して法令遵守を徹底するようにしてください。ほとんどの業者が、ここをないがしろにしていることによって失敗することがあることも知っておくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *