産廃業の許可を取得するために必要なこと

産業廃棄物の収集運搬を行う産廃業は、行政の管理下に置かれている業種のため、新たに始めるためには行政の担当窓口に許可申請を行い許可を取得する必要があります。

その際に必要になってくる書類は、申請書類のほかに事業計画書等の添付書類ですが、この添付書類は事業を行いたい自治体によって必要なものが変わってくる場合もあります。また、申請書類自体も非常に作成が難しく、産廃業についての専門的な知識がない場合は行政の担当窓口などに不明な点を問い合わせながら作成していくことになります。

収集運搬を行いたい産業廃棄物の品目によって取得するべき許可が違うのも産廃業に新規参入する際に注意すべき点で、異なる品目の産業廃棄物の収集運搬を行うと許可の取り消しなどの処分の対象となるなど、知らないでは済ませられない重いペナルティーを課せられることもあります。複雑で時間がかかり、正しい方法で正しい品目の申請をしないと後々問題になってくる産廃業の許可申請は、専門家である行政書士に代行を依頼することもできます。

行政書士に代行してもらうことで不備なく申請を進めることができる上、自分で行おうとすると大変な時間がかかってしまう手続きもスムーズに進めることができます。その後の時間で授業の準備を進めることができるので、万全の準備で予定通りの時期に事業を始めることができるのです。代行請け負った会社に対してコンサルティング的なサービスを行っている行政書士事務所もあるので、初めて産廃業に参入する場合でも安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *